ゼンリン提携解除でGoogleマップの地図情報に誤り多数の衝撃

誰もが一度は使ったことがあるGoogleマップ、多くの自治体公式サイトでも利用されており、つい無条件で地図内容を信頼してしまってますが今後はその考えを改めなければならないかもしれません。

精密地図データがゼンリンとの提携解除で失われた

今までGoogleマップの日本地図データは地図大手のゼンリンが提供していました。それが今回提携解除となり、Google自社製の地図データへと変更されたのです。

この事例、実はアップルでも過去に起きており当時は全く役に立たない地図として話題となりました。

既に現在表示される地図は本来そこにある道、河川、施設、漁港など多岐にわたる表示が失われており混乱を生んでいます。現状のGoogleマップ頼って移動したら確実に詰みますね。

新しいGoogleマップの特徴については下記を参考にどうぞ。

現時点での多くの方々からの検証結果を踏まえると新Google Mapsは* 道路データ: Google オリジナル(画像自動トレースとSteetViewログ、プローブデータの組み合わせ?)と一部DRM* 道路規制属性:…

古橋 大地さんの投稿 2019年3月21日木曜日

コメント

  1. こんにちは。
    昨日のlinenewsで知りました。
    家の近所を確認してみたら、古くなってる!家が表示されませんでした(笑)
    これから、精度が上がるんでしょうかね。

    • アップルも精度が向上したのでこれから精度は改善すると思いますがゼンリンの努力は凄いの一言です。

タイトルとURLをコピーしました