WordPress(ワードプレス)5.1以前のリリースに脆弱性、乗っ取られるリスクあり

WordPress(ワードプレス)5.1以前のリリースに脆弱性、乗っ取られるリスクあり

WordPress(ワードプレス)のバージョン5.1以前のリリースに脆弱性が見つかり、サイトが乗っ取られるリスクがある事が判明しました。

WordPress Releases Security Update | US-CERT
WordPress 5.1 and prior versions are affected by a vulnerability. An attacker could exploit this vulnerability to take control of an affected website.The Cybers...

この脆弱性は現在リリースされている最新バージョンの5.1.1へ更新する事で対応可能です

今まで数多くのWordPressサイトを見てきましたが、初心者やあまり知らない、詳しくない方ほどWordPressバージョンの更新を重要視しておらず、常に危険な状態でサイトを運営されています。

WordPress更新時の注意

更新の前には必ずサイトのバックアップを保存してから行ってください。無料のバックアッププラグインは多数ありますが下記は良く使われているプラグインです。

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin
Backup and restoration made easy. Complete backups; manual or scheduled (backup to Dropbox, S3, Google Drive, Rackspace, FTP, SFTP, email + others).
BackWPup – WordPress Backup Plugin
WordPress の完全自動バックアップを予約します。保存するコンテンツ (Dropbox、S3など) を指定できます。これは無料版です。

更新代行をご依頼いただけます

普段お取引がなくても、単発で更新代行をご依頼いただけます。

クラウドソーシング、直販サイト含め150サイト以上を任され、満点評価を多数いただいておりますので安心してご利用いただけます。

[email protected] へ現在のバージョン(分かれば)を記載しご連絡ください。

chatwork(skillshare)でも対応しております。

目安費用は1サイト1万円(税抜)です。費用にはバックアップと更新代行手数料が含まれます。

価格はプラグイン、テーマ数やサイト規模によって左右しますので先ずはご相談ください。

コメント