WordPress(ワードプレス)の子テーマは必要?不要?

WordPress(ワードプレス)の子テーマは必要?不要?

WordPress(ワードプレス)のテーマには親テーマと子テーマという概念があります。

親テーマ=parent theme

子テーマ=child theme

使い始めた方の多くはこの概念を十分に理解できておらず、親テーマを編集したがためにテーマ更新時に変更が全て消してしまうという失敗をしてしまう傾向にあります。

これらの違いと特徴について説明します。

親テーマとはなんぞや?

WordPress公式サイト(管理画面のテーマ新規追加も同じ)、有料テーマ販売サイトからダウンロードしたテーマは全て親テーマです。

親テーマは全て更新時に削除されて新しいテーマに置き換わるか、上書きされるかなのでテーマ内の表記を編集しても次の更新の際に全て消えてしまいます。

よって親テーマのファイルには一切変更を加えないように注意が必要です

子テーマとはなんぞや?

子テーマはテーマファイルに変更を加えたい時に必要となる親テーマの部分コピーです。

  • PHPに変更を加えたい
  • CSSに変更を加えたい
  • テーマの出力を大幅に変更したい

といった場合のみに必要なので実は必ず子テーマが必要という訳ではありません。

子テーマの最小構成は

  1. functions.php
  2. style.css

だけです。親テーマにはもっと沢山のテーマファイルがあります。

しかし使いこなすと子テーマは親テーマのデザインを大幅に変更できたりと非常にポテンシャルの高いカスタマイズ用とも言えるのであなどれません。

ネット検索をしている時に子テーマが必要というブログ記事もいくつか見つかることがありますがあくまでも臨機応変、状況次第という事を念頭に置いてください。

有料テーマは購入したテーマファイルの中に最初から親テーマと子テーマが含まれている場合が多いです。

子テーマを使う場合は親テーマ、子テーマをそれぞれインストールした上で子テーマを有効化します。この際親テーマが抜けているとエラーが起きますので注意を。

子テーマ作る方法は下記で紹介しています。

FTP不要、超簡単なWordPress(ワードプレス)子テーマ作成ガイド
WordPress(ワードプレス)子テーマの作成は1分もあれば出来てしまいます。 この記事内のガイドと同じやり方を...

オプション豊富なテーマは子テーマ不要

アフィンガー、JIN、Cocoon等のテーマは従来子テーマで行うべき部分を子テーマを使うことなく、HTMLやCSSの知識も不要で誰もが管理画面から設定できるようになっています。

こういったテーマは子テーマをインストールしなくてもサイト全体の色や項目の表示・非表示など多岐にわたり細かな設定が可能です。

近年のWordPressバージョンでは(昔から利用しているため)外観→カスタマイズにある追加CSS(カスタムCSS)に上書きする事で従来子テーマのstyle.cssを編集しなければならなかった事が済んでしまいますので大変楽になってます。

functions.phpはプラグインで管理

テーマ機能の基礎となるfunctions.phpの編集が必要なシーンがたまに出てきます。

そういった場合子テーマを利用するのですが、実は親テーマだけでもプラグイン経由で制御出来ることができます。

下記のCode Snippetsは管理画面から安全にfunctions.php用のカスタマイズコードを追加できる非常に便利なプラグインですので初心者にもおすすめです。

Code Snippets
An easy, clean and simple way to run code snippets on your site.

まとめ

  • 親テーマは必須
  • 子テーマは任意(テーマ説明の指示に従おう)
  • CSS編集は追加CSSで十分
  • functions.phpはCode Snippetsプラグインで制御

以上を覚えておくとWordPressのカスタマイズ不安も減ります。カスタマイズ時には下記サポート窓口を上手に利用しましょう。

WordPressの問い合わせ先はどこ?初心者向けテーマ・プラグイン別サポート窓口一覧
WordPress(ワードプレス)には公式のサポートフォーラムに加えて、無料・有料テーマ・プラグインのサポートフォーラム...

コメント