WordPress(ワードプレス)Gutenbergエディタの文字数はどこ?

WordPress(ワードプレス)Gutenbergエディタの文字数はどこ?

WordPress(ワードプレス)5.0以降は標準でGutenbergエディターが導入されています。

従来のクラシックエディターでは記事執筆画面でも簡単に文字数を確認する事ができましたが、新しいGutenbergエディターでは位置が変わってしまったので中々見つけられない人が増えている模様。

さてどう確認するのでしょう?が今回のお題です。

Gutenbergエディターの文字数確認は左上のアイコン

スクリーンショットで赤枠で囲ってある左上のアイコンをクリックすると文字数確認ができます。これは標準機能なのでプラグインの必要はありません。

クラシックエディターを使う

もう一つの方法はGutenbergエディターをやめて、従来のクラシックエディターを使う方法です。有料テーマによってはGutenberg非対応というのもあるのでちゃんとマニュアルを読むことを忘れないようにしましょう。

Classic Editor
旧エディターを有効化し、TinyMCE、メタボックスなどを含む旧スタイルの投稿編集画面を使えるようにします。これらを拡張するすべてのプラグインに対応しています。

インストールして有効化するだけです。

5.1.1へ早めに更新しよう

以前のバージョンに脆弱性が見つかっています。最新リリースの5.1.1に更新して最悪の事態を防いでください(サイト乗っ取りのリスクがあります)。

WordPress(ワードプレス)5.1以前のリリースに脆弱性、乗っ取られるリスクあり
WordPress(ワードプレス)のバージョン5.1以前のリリースに脆弱性が見つかり、サイトが乗っ取られるリスクがある事...

WordPressの質問は公式サイトへ

有料テーマ目当てで購入した人は公式サポートフォーラムの存在を知らないというパターンが確認されています。テーマ制作者に迷惑をかけないためにも質問は然るべき場所へ投稿しましょう。

WordPressの問い合わせ先はどこ?初心者向けテーマ・プラグイン別サポート窓口一覧
WordPress(ワードプレス)には公式のサポートフォーラムに加えて、無料・有料テーマ・プラグインのサポートフォーラム...

コメント