FTP不要、超簡単なWordPress(ワードプレス)子テーマ作成ガイド

WordPress(ワードプレス)子テーマの作成は1分もあれば出来てしまいます。

この記事内のガイドと同じやり方をすれば、初心者であろうと誰でも簡単に子テーマを作成できますのでぜひ覚えてください(覚えなくても都度この記事読んでいただくのでも大丈夫)。

親テーマと子テーマについては別記事で解説してますので併せてご覧ください。

Child Theme Configuratorをインストール

子テーマを作成できるプラグインは他にもありますがChild Theme Configuratorが一番簡単なプラグインです。先ずはプラグインを新規追加からインストールし有効化します。

右上の検索ボックスからプラグイン名を検索すればスクリーンショットと同じ画面が表示されます。

Child Theme Configurator

有効化されたら管理画面左側メニューのツールにChild Themesが追加されますのでそれをクリックして設定画面を開きます。

画面通りに子テーマ作成の設定を進める

スクリーンショットではデフォルトテーマでの設定例となりますが、基本的な動作はどのテーマも同じですので深く気にしなくても大丈夫。上から1番目、2番目とプラグインの設定項目通りに進んでください。

Child Theme Configurator

赤枠で囲ってある一番上の選択肢にチェック

ここでは新規に子テーマを作成します。

作りたい子テーマの親テーマ名を選ぶ(ドロップダウン表示)

例えばCocoonや有料テーマのJINだったら、そのテーマ名が選択肢に表示されるので選びます。

Analyzeボタンをクリック(1回)

Analyzeボタンをクリックすると画面と同じ様に緑色のチェックマークが表示されます。これが表示されない親テーマは正常なコーディングがされてないので子テーマ作成は控えてください。

子テーマのファイル名を決める

ここは親テーマのファイル名語尾に-childを加えた名称が自動作成されます。人によってはサイト名に変える人もいます。変えなくても大丈夫です。

5番目以降は下記スクリーンショットをご覧ください。

Child Theme Configurator

Primary Stylesheetにチェック

基本的には標準で赤枠の部分にチェックが入りますのでそのまま。

Use the WordPress style queueにチェック

こちらも標準で赤枠の部分にチェックが入ります。この選択肢以外通常は選びません。

7番目はスルー

ここはスルーして大丈夫です。何を設定する所かと言いますと、子テーマ作成者の情報を書き換える事ができます。けどここを書き換える必要があるのはテーマ制作行っているプロのウェブデザイナーくらいでしょうから何もせずで大丈夫です。

8番目は親テーマの設定項目を引き継ぐか否か

もし親テーマだけで運用していて途中から子テーマを作成する場合はチェックしてください。設定内容が子テーマに引き継がれます。

最後にCreate New Child Themeをクリック

このボタンをクリックすると、FTPを一切使わず、ほんの1分で子テーマの作成が完了します。

コメント

  1. はじめまして。
    ランキングからまいりました。
    子テーマを作るのかなり難しいかと思ってました。
    私でもできそうです。
    ありがとうございます。

    • ご訪問ありがとうございます。子テーマ作成、記事通りに進めれば簡単です。

タイトルとURLをコピーしました