日本札肖像画刷新、新たに渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎が登場

新しいお札・紙幣のデザインが麻生総理・・・じゃなくて麻生財務大臣より発表されました。

2021年内の発行が計画されており、デザイン変更のみではなく世界初の偽造防止策も講じられるということです。

新札発表記者会見の様子

Twitterのトレンドも日本札話題でもちきり。

お札の登場人物についておさらい

まあ日本で育った人は義務教育の過程において習う人ばかりですが最後の北里柴三郎については教科書に書いてあったっけ?という程度の記憶です。いやもちろん、北里大学でピンと来るのですが。

近代日本資本主義の父、渋沢栄一(新一万円札)

新一万円札 渋沢栄一

藍玉の製造販売と養蚕業を営む豪農出身ながら、武士を経て官僚、実業家へと出身していった近代日本資本主義の父。

渋沢栄一 - Wikipedia

よく知られているご子孫ではコモンズ投信の澁澤健氏がいます。

渋沢栄一の子孫から見たこれからのビジネス「必要なのは、『正しい答え』より『正しい問いかけ』」 | 起業・創業・資金調達の創業手帳Web

日本における女子教育先駆者、津田梅子(新五千円札)

新五千円札 津田梅子

岩倉使節団に随行し渡米、その後は女子英学塾、現在小平市にある津田塾大学の創設者となった人物です。お墓も津田塾大学内にあります。

津田梅子 - Wikipedia

子孫についてははっきりとした情報がない。

日本細菌学の父、北里柴三郎(新千円札)

新千円札 北里柴三郎

熊本県出身の医学・細菌学者。ペスト菌を発見し、破傷風の治療法を開発する等感染症医学の発展に貢献した人物です。北里大学は北里柴三郎氏が創設した北里研究所に由来している。

子孫に明治製菓社長の北里一郎氏がいる。

https://www.kmt-cci.or.jp/pdf/furusato/11.pdf

コメント

  1. ブログランキングからきました。
    令和になり紙幣が変更されてなんか一気に年を取った気がします。