賃貸を借りる時は仲介手数料無料か半額の不動産屋を探そう

誰もが一度は通る・・・かもしれない賃貸物件探し。

一般的には仲介手数料は賃料の1ヶ月分かかります。

しかし不動産屋も増え、各社競争する中で仲介手数料無料や半額の業者も増えています。

賃貸物件は全国どの不動産屋も扱える

ネットに溢れている賃貸物件はポータルサイトへ出稿している不動産屋の他に、出稿していない不動産屋でも扱うことができます。これが業界用語で客付と呼ばれている業務です。客付の他に元付という大家さんから賃貸物件の募集を任される業者もいます。

元付、客付、不動産の取引は賃貸も売買も大体二社関わるのが普通です。

近年はチャットサポートで対応する不動産屋も増えています。一々メールを送らなくてもLINEで気になったネット上の物件URLを送るだけで対応してくれるのはこういった仕組みがあるから実現できるサービスです。

例えば、深夜までチャット対応してくれるイエプラ(業界初「チャット不動産」内見だけで、1000円貰える?)もそういった新手の一つです。

なので例えネット上で見つけた賃貸物件を扱う会社が通常の仲介手数料を取っていても、同じ物件を仲介手数料が安い不動産屋に持っていけばより初期費用を安く出来るのです。

仲介手数料が安い不動産屋の探し方

仲介手数料半額や仲介手数料無料、と検索サイトで検索するだけで数社ヒットします。どの業者がおすすめかは正直な所、利用者と業者の相性にもよります。

競争率が高い都心部ほどこの手の業者が多く、地方ほど従来通りの不動産屋が多い印象です。

仲介手数料の交渉はできるのか?

通常の仲介手数料を取る不動産屋(別に悪い訳ではない)でも交渉はできます。ただ入居意思が固まってない人には割引は通常しません。例えば色々な物件をまだ見たい、選びたいという状況の人には割引の案内や賃料相談も対応しないのが普通です。

仮申込をする様な段階になってやっと、この交渉ができると思ってください。

どうして仲介手数料を無料にできるのか?

賃貸物件が契約される際、不動産屋は借主と貸主双方から手数料をもらう仕組みです。なので借主から例え貰わなくても、一応一ヶ月分の手数料収入が発生するのです。

ただこれは仲介件数をその分多くしないと事業としてやっていけないので全ての不動産屋こうなるという訳にはいきません。当然ながら経営方針は各社違いますので。