インターナショナルスクール流英語脳の鍛え方

英語

英語脳、つまり英語を英語で理解するという処理方法についてです。

この方法をなぜ日本の教育で導入されないのか不思議でなりませんが、日本の英語教育現場では英語を学ぶのに必ず日本語が使われます。

日本語を学ぶときに英語を使って学びましたか?

考えてみてください。あなたは日本語を勉強する時に英語を使いましたか?

何バカな事を言っているんだ。

そう思う方が大半だと思います。

もちろん、海外在住や生まれ育ちも日本国外であれば英語と日本語が混ざる環境もあるかもしれません。今回は日本生まれ日本育ちという仮定とします。

極めてナンセンスですね。

ではこれを今の英語教育に当てはめましょう。

我々は英語を学ぶのに日本語を使っているのです!

なんてナンセンスなんでしょう(笑)

英語で考える時、日本語で考える時の特徴・違い

英語を日本語で学ぶと日本語で考える癖がついてしまう

英語脳になってない日本人の英語を見聞きした時の反応はこうなります。

英語脳になってな人の脳内処理
  • 1
    英語でインプット
  • 2
    日本語に変換
  • 3
    日本語で理解
  • 4
    英語に変換
  • 5
    英語でアウトプット

例えば挨拶で「Hello]って言われたら先ず「こんにちは」として理解し、返す時も「こんにちは」で考えてそれを英語にして「Hi」とか「Hello」で返していると思います。

これが英語脳だと「Hello」って言われたらそのまま英語で返す様になります。

英語を英語で考えると脳内プロセスがシンプルになる

英語脳の人は英語を聞いた時、下記の様な脳内処理をします。

英語脳になってな人の脳内処理
  • 1
    英語でインプット
  • 2
    英語で理解
  • 3
    英語でアウトプット

日本語で考えて理解しようとすると5段階あったのに、3段階で済みます。まあこの例えも極端かもしれませんが、日本語で考える場合と英語脳の違いをイメージしやすくなっているはず・・・

英語の試験やテストを受ける時

外国人と英語で話す時

この英語を英語で捉えて即返答できるか、というのはレベルが上がるに連れて重要になってきます。

コメント

  1. こんにちは。
    英語を学ぶとき、日本語に変えてから理解しようとするから余計に上達しないんですね。
    以前にも聞いたことがあります。
    紹介いただいた動画や本も参考にしてみます。ありがとうございました。