デジタル化の敵は我々の意識ではなく印鑑業界だった

デジタル化の敵は我々の意識ではなく印鑑業界だった

日本の印鑑文明とでも称しましょうか、これは確かに手書きサインとは違って良い文化でしたが印鑑が必要な事により様々な書類記入の手間が未だに必要だったりもします。

時代はデジタル化、ここ数年でオンライン契約プラットフォームも増えてます。

しかしここにきて印鑑業界が我々の手間を省くことに反対して炎上、デジタル化の敵は我々の意識ではなく印鑑業界の存在という事が露呈しました。

印鑑業界の圧力が予想以上に強い

法案を見送りにするくらいの力持ってるってすごいですね・・・。闇のボスは誰でしょうか?

ハンコ議連なんてのもあるそうです

日本の印章制度・文化を守る議員連盟で検索すれば中谷議員を始めとした議員を調べられると思います。こういった議員は間違っても応援しないようにしないと(すぐ忘れちゃうので)。

印鑑あっても良いけど公共の利益の邪魔はしないで

印鑑業界なくなってしまえ!とまでは行きませんが行政プロセスの効率化を印鑑業界が足を引っ張る事で国民全体が損を被る状態なのは好ましくありません。

印鑑を押印するというプロセスが無い事で改善できる社会の問題、会社の問題、行政・自治体の問題は多いはず。ひょっとしたら印鑑を押印するために文章を何度も手渡ししている段階で救える命だってあるかもしれません。

印鑑業界においては保身だけではなく、公共の利益を考えてもらいたいですね。

コメント