Fetch as Googleからのインデックス登録はURL検査ツールから

ウェブマスターツール(Google Search Console)からは従来Fetch as Googleを使うことでマニュアルでインデックス登録を申請することができました。

その後Search Consoleがリニューアルされる中で、今まで使えたFetch as Googleはどうなるんだ?という声が数多くありましたが、同じ機能はURL検査ツールから使える様になっています。

searchconsole

一時期までブログを更新すればほぼリアルタイムでインデックスされてましたが、ある日から突然インデックスまでに時間がかかるようになってしまい、以降はFetch as Googleを使って手動で直ぐインデックスさせる、なんて手法が流行ってました。

今後も同じ様な使われ方もされるかもしれません。

当ブログの場合だとAMPページのインデックス状況が芳しくない(何故か通常版に比べてインデックス登録が遅い)ので時間を見つけては一つ一つ、URL検査ツールからインデックス申請の処理を行っています。

新しい Search Console で重大な課題に取り組みましょう ~ 今後のロードマップのご紹介
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました