WordPress(ワードプレス)最速300ミリ秒台、最速Cocoonテーマ利用ブログ

JINではAMP対応が無いので満足せず。

アフィンガーで子テーマJETを購入するもAMPが貧しいので1日で利用を止め、

(さてこの子テーマJET、どうしたものか?どこで使うか考えないと。)

そして無料の最強テーマ、Cocoonにしたところで早速国内最速のブログ作り。

キーポイントは、アドセンス等読み込みありでも最速300ミリ秒台を狙う事です。

300ミリ秒台のスクリーンショット

300ミリ秒台

プラグインで高速化

通常アドセンス等読み込みページだと2秒~3秒台が多いです。

Cocoonの高速化機能は一切使用せず、キャッシュプラグインで全てキャッシュからlazyloadまでをカバーしました。(キャッシュプラグイン等利用されている方は両方使うとキャッシュ削除等の処理が面倒になるのでご注意を。)

ちなみにこの方法は3万円で販売しているWordPress高速化でも利用しています。エックスサーバーであれば1秒以下はアドセンスや広告ありだと難しいですが1秒~1.5秒前後は狙えます。

VPSサーバーを使うと1秒以下を目指せる

共有サーバーだとキャッシュプラグイン使っても1秒以下を目指すのは結構難しいので(広告や外部スクリプト読み込みが無ければ狙えます)、このブログではフルSSDのVPSで更にapacheは使わずnginxのみのPHP7.2構成となっています。

サーバー代は一見無駄遣いですが、先行投資として今後ブログ運営する中で広告収入でカバー出来るように頑張りたいと思います。

高速化関連記事

高速化記事も色々と書いてますので併せてご覧ください。

PageSpeed Insightsスコアと高速化について
GoogleのPageSpeed Insightsスコアが低い!と嘆いておられる方は沢山います。 このサイトも平均...
WordPress高速化に必要な6つのルール
最近エックスサーバー上で運営されている月間数十万PVのWordPressサイト高速化をご依頼いただきました。ありがとうご...
設定なし、有効化だけで4秒も早くなる!?Quicklink for WordPress
WordPress高速化なら誰にも負けない自信があるです。 数日前にリリースされたばかりのプラグインをご紹介。 ...
Jetpackの不要モジュール無効化で高速化
Jetpackは遅いから使わない!という方もいるかもしれません。 けれどもXMLサイトマップやCDN(...

コメント