地域メディア視点から見える地域課題と地域活性化のモヤモヤ

地域メディア視点から見える地域課題と地域活性化のモヤモヤ

冷ややかな周囲の目

地域活性化やまちづくりに積極的な人とは反対に、それを冷ややかな目で見る住民の存在というのもあります。

我々の地域は凄いんだ!良い場所だろう!

と言っている裏側で、地域住民や現実に困っている人は冷ややかな目でみたり、呆れていたり、あ~もの好きな人たちが勝手にやっているんだね~な感じで見られてしまっています。

これも客観的な立場へ戻って見てみると結構周りの目は厳しいものだと感じました。

力・発信力ある地域の人たちはもっとネガティブを見つめてほしい

ネガティブな課題を置き去りにするのではなく、あえてそこに挑戦してもらいたい。

無理にポジティブを一つ新たに見つけようとしなくとも、ネガティブを一つ減らせばそれがポジティブになります。

力や発信力を持つ地域の人たちは、地域課題にしっかり目を向け、良い場所として街に来たけどがっかりしたという人を一人でも減らす努力をすべきだと思います。

とまあこんなモヤモヤを抱えながら地域情報を発信していた事がありました。

コメント