全国の破産者を名前・住所付き地図で見れるサイトが話題

破産者マップ
2019年3月19日追記:破産者マップが閉鎖されました。今後の懸念を書いたので併せてご覧ください。
話題の破産者マップ閉鎖へ、しかし破産者情報は残り続ける
当ブログでもお伝えしてきた破産者マップが閉鎖されました。 URLは既に閲覧できなくなってます。 破産...

自己破産や個人再生をすると官報に掲載されます。

この官報を見るのは闇金業者、信用調査機関、自治体が一般的ですが、インターネット版官報では直近30日間の発表を無料で閲覧する事が可能です。

よって今までは毎日官報を眺めている人を除いて、自己破産や個人再生はそう簡単に表には出ませんでした。

しかし今回見つかったサイトでは30日間どころか数年前の破産まで遡ることができ、しかも破産者の住所をベースに地図上から誰もが簡単に見れてしまうという破壊力を持っています。

既に同級生や近所の情報を探した方も続出・・・

2019年の破産者はサイト上にはないですがそれ以前であれば見つかります。

掲載上の情報を削除するために個人の証明書を求めているそうですが現状運営者が不明瞭で更に流出する可能性もあるため控える事をおすすめします。

コメント