代引き詐欺?買ってもない荷物が届いた時にすべきは受取拒否

最近はネットで購入する事が当たり前となり、自宅や会社に荷物が届くのは日常茶飯事。

代引きでもつい自分ではなくても家族や同僚が受け取ってしまいそうですが代引き詐欺には注意しなければなりません。

代引き詐欺の特徴はAmazonからの荷物

Twitterへ頻繁に報告されている事例だと送り先はAmazonのみでクロネコヤマトによって届けられるそうです。

代引き詐欺の特徴として荷物に掲載されている電話番号がめちゃくちゃ、適当な番号が並んでいるので必ず記載された電話番号は確認しましょう。

原則受け取り拒否、配達員も慣れている模様

自分が一切注文していない荷物が届いた場合は遠慮せず、受取拒否をしましょう

配達員も類似例が多いそうで、受取拒否しても嫌な顔はされません。

もし支払ってしまったら、気がついた時点で直ぐに配達員か営業所へ連絡し返金してもらってください。

ただ気をつけてほしいのは、クロネコヤマトの場合代引は毎週金曜日に締められて、最短5日間で発送元へ送金されてしまいます。

代引きから入金まで5日間

一度発送元へ支払われてしまったら、クロネコヤマトも返金する事が困難になります。

家族は周知が楽だけど会社は被害に遭いやすい

家族だと「うちは購入時全てクレジットカード等の事前決済」というルールを周知しやすいですが、会社の場合必ずしも事前決済という訳にもいかず、代引きという手法を取らざるえない事もあります。

実際会社で代引き詐欺被害に遭ったという報告もあります。

こういった被害を防ぐためにも会社内でルールを徹底するようにしてください。

特に同僚が本人不在時に荷物を受けとるというのは被害に遭いやすいです。

十分ご注意ください。

コメント

  1. こんにちは。
    最近多いんですね。怖いです。
    息子が高校生でよくAmazon頼むので、徹底しなければいけないですね。

タイトルとURLをコピーしました