アドセンスのads.txt設定はレンタルサーバーなら1分で解決

アドセンス ads.txt警告

アドセンスに突然「要注意 – ads.txtが含まれてないサイトがあります」と表示されてもレンタルサーバーなら1分あれば誰もが簡単に解決できます。これまでエックスサーバー、wpX、ロリポップで設定代行を提供してきました。この記事には自力で1分で解決する方法も説明しています。

要注意 – ads.txtが含まれてないサイトがあります

アドセンス ads.txt 警告

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

と突然とアドセンス管理画面に表示されて驚いているユーザーも多いはず。

そもそもads.txtって何なんでしょうか?

ads.txtとはなんぞや?

私も100%理解している訳ではないのでGoogleの正式記載を引用します。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。

サイト運営者は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者をより自由にコントロールし、偽物の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

とあります。分からない場合はあまり深く考えなくても大丈夫です。

ads.txtは必要なの?

Google曰く

ads.txt の使用は必須ではありませんが、Google は使用を推奨します。ads.txt ファイルを設置すれば、購入者が偽物の広告枠を判別できるため、サイト運営者としても偽物の広告枠に流出するはずだった収益を取り戻せることになります。

としています。なのでこの警告を無視しても大丈夫ですが、別に難しい事ではないので設定しちゃいましょう。

【コピペ可】レンタルサーバー利用者の設定方法

先ずPC上でads.txtという名前のテキストファイルを作ります。

次に、そのテキストファイルに下記をコピペします。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

その後、pub-・・・で始まるアドセンスIDを自分のIDと置き換えます。

自分のアドセンスIDはアドセンス広告コード内に記載されているのでそこからコピーしても良いですし、アドセンス管理画面のURL内にも記載されているのでそちらからでもコピーできます。

編集したらFilezilla等のFTPソフトを使ってドメインのルートディレクトリに保存します。

レンタルサーバーの場合、使用しているドメイン名毎のディレクトリがあるのでその公開ディレクトリ直下にアップロードすれば大丈夫です。

エックスサーバーだと、

/blog.skillshare.biz/public_html/

となっているので、このpublic_html直下に保存します。

ブログサービス利用者はどう対応すればいい?

はてなブログ等だとディレクトリのルートにファイル設置ができませんので、運営会社の正式なアナウンスを待つかサポートへ問い合わせてみてください。ただ上記の通り必須ではないので対応されないかもしれません。

この点、レンタルサーバーを借りてWordPressを運用していると迅速な対応ができますね。

エックスサーバーConoHa WINGをこの際契約してブログサービスから移行しちゃうのも手です。

ads.txt設置代行サービス始めます

直販サービス

もし設置を希望しており、ご自身ではできない方には有償での対応が可能です。

  • 最初の1ドメイン=1,000円。
  • ドメイン追加=500円。

2ドメインの場合は合計1,500円(税別)で対応いたします。

いつでもお気軽に skillsharejapan [at] gmail.com までご連絡ください。

お支払いはVISA、マスターカードの場合はSquareでの決済。JCB、銀行口座を利用した口座振替の場合はPayPal決済に対応しております。

PayPalの口座振替は下記銀行が対応しているそうです。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
PayPalヘルプセンターの情報ページ

ココナラ

アドセンスのads.txtを設定します 警告が表示されて困っている方のお助けマン!

コメント